日本全国対応!年中無休で対応!

格安陸送.comのコラム!!

車の陸送や輸送、レッカー移動などの疑問やお得な情報をお届け致します。

納車費、陸送費の違いを詳しくご説明

2017-11-09

車を購入した際、見積書に「納車費用」という項目を見かけたことはありませんか?
輸送費用だと一般的に言われていますが、それなら陸送費用とはどんな違いがあるのでしょうか?
「納車費」「陸送費」その違いを説明します。

納車費って何が含まれているの?

自動車を購入する際に、さまざま費用が見積書や請求書に載っているため、何この費用?と思う方も多いかもしれません。
納車費用とは、ディーラー等がユーザーに自動車を販売した時に、納車にかかる費用をいい、自動車登録費用やガソリン代、また洗車代などが含まれています。納車費用には、陸送費などの輸送費は含まれていません。 したがって、納車費自体を値切ることは非常に難しいと考えておくほうがよいでしょう。
この納車費で注意したいのが、販売店によって費用の解釈が異なるという点です。上述の項目以外に、クリーニングやワックス、そしてコーティングなどといった費用が含まれているケースがあります。コーティングにもさまざまな方法があり、高値の請求額になることもあります。したがって、納車費がいくらなのか?その内容が何なのか?ということは、購入時に確認しておいたほうがよいでしょう。

陸送費について

陸送費は、自動車を輸送するのにかかる費用のことで、一般的には距離で陸送料金が決まります(一部例外あり)。さらに、スポーツカーや初年度登録が昭和の車などの特殊車両については、割高の料金設定になっているので、陸送依頼をする前に事前に確認されるのがよいでしょう。陸送料金については、格安陸送.com内の「だから追加費用のトラブル発生!?意外と知らない陸送費の決まり方」のコラムを閲覧して頂ければ、詳しく説明しています。ここでは、その陸送費が安くすむ方法についてご説明します。
長距離の陸送の場合は、複数台の車両を積載して輸送します。5-6台積みの積載車を高速道路などで見たことのあるかたも多いのではないでしょうか?陸送費の多くは、個人宅から陸送会社のヤードに持って帰ってくるコストと、納車先へ陸送会社のヤードから持っていくコストともいえます。陸送会社のヤード間に関しては、一台の積載車で複数台の車両を輸送できる為、一台にかかるコストは安く済みます。しかし、ヤードへの搬入と納車先への輸送は、一台ずつしか輸送することができないため、距離が短くても割高になります。したがって、一番安く済む方法は、陸送会社の最寄のヤードに持込み、到着先の最寄の陸送会社のヤードへ車を取りに行くということでしょう。
お仕事の都合などで時間がないという場合は、少し高くなりますが陸送費を払って持ってきてもらうのがよいでしょう。

納車費と陸送費のまとめ

納車費は値切ることが難しく、陸送費は安く済ませれる方法があることを紹介しました。自動車関係の費用は他の商品の売買にかかる費用よりも高額になることが多いため、事前に確認するのが賢明でしょう。

陸送に関することなら格安陸送.comへお問合せ下さい。プロのスタッフが対応させて頂きます。

ページトップへ戻る

ご利用の流れ

格安陸送.comの陸送依頼サービスは4ステップの簡単依頼です。

  • flow_img1

    お問合せ
    見積・ご相談

  • 矢印
  • flow_img1

    成約後、陸送料金を
    弊社へ入金

  • 矢印
  • flow_img1

    入金確認後、引取先から
    車両お預かり

  • 矢印
  • flow_img1

    お届け先へ車両を納車

格安陸送はプロの専門スタッフが年中無休で対応致します。

格安陸送に関してお気軽にお電話・ご相談ください!


格安陸送に関してのご相談お待ちしております。

年中無休で対応! 営業時間 8:00~22:00

無料査定依頼フォーム

20秒で簡単査定

各種車両の買取、中古車探し

廃車買取カーネクスト

中古車買取カーネクスト

中古車購入カープライスネット

トラック・バンの買取カーネクスト

格安陸送のお申込みはコチラ