格安陸送.comのコラム!!

車の陸送や輸送、レッカー移動などの疑問やお得な情報をお届け致します。

2019-02-07

陸送ができない改造車はどのようなお車ですか?

陸送ができない改造車とは一体どのようなお車なのでしょうか?
どのような状況のお車であれば陸送ができないのでしょうか?
改造車の種類に関してお伝えしていきます。
さらに、改造の種類によって陸送料金は変わるのでしょうか?
さらに、改造車の中でも陸送費用が上がる改造とはどういった改造でしょうか?

改造車の様々な種類とは?

改造車には様々な種類がございます。 どのような改造があるのでしょうか? 大きく分けると6パターンほどです。 具体的には、エアロやインチアップやホイールや内装やシートやマフラーです。 そういった部分の改造が主な改造と言えます。 車の改造をする上で特に人気の部分がございます。 そちらはエアロパーツとシートとマフラーです。 この3点につきましてはとても人気のある改造です。 特に有名な改造につきましては、そのような改造です。

改造の種類によって陸送料金は変わるの?

改造車の改造の種類によって陸送料金は変わるのでしょうか? 改造は別名カスタムとも言います。 カスタム車と言えば先程もお伝えしましたが、エアロパーツやシートやマフラーにこだわっています。 そういったカスタム車であれば、 改造の種類によって料金が変わることはあるのでしょうか? 結論から言いますと、改造の種類によって料金が変わることはありません。 どのような改造であっても料金は通常料金でご案内できる場合が非常に多いです。

改造車の中でも陸送費用が上がる改造とは?

様々な改造車の中でも陸送料金が上がる改造車はどういったものなのでしょうか? ほぼ料金が上がると言えるのがローダウン車です。 ローダウン車が最も改造車の中でも陸送が難しいと言われています。 そして、改造車の中でも料金が上がってきます。 どのくらい料金が上がるのでしょうか? そちらは最低地上高と関係しています。 最低地上高が13cm以上であればノーマル車とどうように運ぶことができます。 ですが、11cm代となってしまうと通常料金でお運びさせて頂くことができません。 そちらが、9cm代となってしまうと料金が上が上がってしまいます。 まず基本的に場合によって、陸送ができない場合があります。 そして、仮に陸送ができた場合であっても1台積みのお車での陸送となります。 その結果料金が大きく上がる可能性があります。

ページトップへ戻る

ご利用の流れ

格安陸送.comの陸送依頼サービスは4ステップの簡単依頼です。

  • flow_img1

    お問合せ
    見積・ご相談

  • 矢印
  • flow_img1

    成約後、陸送料金を
    弊社へ入金

  • 矢印
  • flow_img1

    入金確認後、引取先から
    車両お預かり

  • 矢印
  • flow_img1

    お届け先へ車両を納車

格安陸送.comはプロの専門スタッフが年中無休で対応致します。

格安陸送.comに関してお気軽にお電話・ご相談ください!


格安陸送.comに関してのご相談お待ちしております。

年中無休で対応! 営業時間 8:00~22:00

無料査定依頼フォーム

20秒で簡単査定

ご利用の流れ

格安陸送.comの陸送依頼サービスは4ステップの簡単依頼です。

  • ①お問合せ見積・ご相談

  • ②成約後、陸送料金を弊社へ入金

  • ③入金確認後、引取先から車両お預かり

  • ④お届け先へ車両を納車

各種車両の買取、中古車探し

廃車買取カーネクスト

中古車買取カーネクスト

中古車購入カープライスネット

トラック・バンの買取カーネクスト

格安陸送のお申込みはコチラ