格安陸送 ロジエースのコラム!!

車の陸送や輸送、レッカー移動などの疑問やお得な情報をお届け致します。

2019-02-01

陸送業界のトレンド~料金アップの傾向~

陸送業界のトレンドとして料金アップの傾向があります。
陸送業界も状況に応じて料金が変化します。
その際の陸送業界の価格高騰の実態についてお伝えします。
さらに、たった数年で数万円以上の上昇をしているという点に触れます。
そして、値下げをする方法についてお伝えします。

陸送業界の価格高騰の実態

陸送業界というのは時代によって変わっていきます。 もちろん遠い昔からあったわけではありません。 比較的新しい業界とも言えます。 実際の所、陸送大手の会社であっても比較的新しいです。 そんな陸送業界ですが、料金が上昇傾向にあります。 その理由としましては、いくつか挙げられます。 陸送をする際は、一部区間をドライバーが自走する場合がございます。 そういった場合には自走をして頂くドライバーが必要となります。 そちらのドライバーが不足しているのです。 その他には燃料費の高騰です。 といった輸送費の高騰があります。

たった数年で数万円以上の上昇

全体的に20%以上アップしている状況の中、つい数年前までの料金と比較すると数万円単位で上昇している場合もあります。 そのような状況の中、一体どうなっているのでしょう? あらゆる業者において料金が上がっていると言えます。 では、一体どのようにして料金を下げればいいのでしょうか? 以下に値下げをする方法について記載していきます。

値下げをする方法

車の陸送を依頼する際に値下げは可能なのでしょうか? 答えを言いますと、一般的には非常に難しいと言えます。 陸送業界は一般的にはそれほど利益幅は高くはありません。 したがって、大きな値下げというのはできません。 一方で、少しの自走であれば対応ができる場合があります。 引き続いて値下げを交渉する際にどのように交渉を進めればよいのかを記載します。 まずはヤード持込やお車屋さんを使った陸送であることや自走をするといったことを伝えるということです。 そういったことを伝えて頂ければ対応して頂けます。 その場合は料金は5000円以上下がります。 したがって、利用できる場合は利用して下さい。 基本的に相見積もりが一番効果的と言えます。 相見積もりには2つの意味があり、一つ目が最安の料金を聞くという意味です。 二つ目はそこからの価格交渉です。 最安値を聞いた後に価格交渉をするというのが最も良い相見積もりの方法です。 この2つの方法を実践して頂けますと料金が大きく下がる場合があります。 その上でさらに料金を下げる方法があります。 そちらは少し抽象的な言葉とはなってしまうのですが、「本気度」です。 契約への意志が感じられるかといったことがとても重要です。 一度見積もりをもらってしばらく検討するといった場合では業者も料金を下げる対応をすることができません。 本気で契約をしたいと感じられた場合は、契約することを前提として契約をして頂きたく思います。

ページトップへ戻る

格安陸送 ロジエースは見積依頼を年中無休で受けつけています。


陸送の最安値見積りなら格安陸送 ロジエース

フォームから年中無休でお問合せ可能

無料査定依頼フォーム

20秒で簡単査定

各種車両の買取、中古車探し

廃車買取カーネクスト

中古車買取カーネクスト

トラック・バンの買取カーネクスト

格安陸送のお申込みはコチラ